ひゃまだのblog

ひゃまだ(id:hymd3a)の趣味のブログ

ノートPCのDebianを11(Bullseye)にアップグレード

(2021-09-18 初稿 - 2021-10-06 追記)

2021年8月14日(日本時間だと15日)にDebian 11 Bullseyeがリリースされたので、9月18日にわが家のノートPCにインストールした。ちょうど、台風14号が近づいていて、暇だったので…^^;

WiFi設定のところで、つまづいたので備忘録を残すよ。

アップグレードしたノートPCは、Acer Aspire ES1-131 という2015年くらいに発売され未だに使っている人いるの?みたいな化石仕様のノートPC。

使っているノートPCによって、対処方法が多少変更するかもしれないけど、概ね行けると思うので、困った場合は参考に。

f:id:hymd3a:20210918123410p:plain

Bullseyeインストール後のデスクトップ

アップグレードの準備

まずは、Debian公式の以下を参考にアップグレードの準備をする。

前述のとおり古いノートPCで特に複雑なことはしていないので、以下の手順で準備を進めた。

まずは、現在のDebianバージョンの確認

$ cat /etc/debian_version
10.10

古い設定ファイルを検索して削除

# find /etc -name '*.dpkg-*' -o -name '*.ucf-*' -o -name '*.merge-error'

見つかったら、削除

# rm 見つかったファイル

パッケージの状態をチェック

# dpkg --audit

sorce-listファイルの編集

deb http://deb.debian.org/debian/ bullseye main contrib non-free
deb-src http://deb.debian.org/debian/ bullseye main contrib non-free
# ★★★ securityの書き方が変わったので注意 ★★★
# 前の書き方
#deb http://security.debian.org/debian-security buster/updates main contrib non-free
#deb-src http://security.debian.org/debian-security buster/updates main contrib non-free
# Bullseyeの書き方
deb http://deb.debian.org/debian-security bullseye-security main contrib non-free
deb-src http://deb.debian.org/debian-security bullseye-security main contrib non-free

deb http://deb.debian.org/debian/ bullseye-updates main contrib non-free
deb-src http://deb.debian.org/debian/ bullseye-updates main contrib non-free

deb http://deb-multimedia.org bullseye main non-free
deb-src http://deb-multimedia.org bullseye main non-free

アップグレードの実行

# apt update
# apt upgrade --without-new-pkgs
# apt full-upgrade

ここまでは、とても順調に終わった。

WiFiの設定

上記のアップグレードは、いつものWiFiネットワークを使って行い、順調に終わったので再起動したら、WiFiにつながらない… (・・;) 

慌てて、有線LANに接続して以下のサイトを参照したら、Bullseyeからはこれまで使っていたWicdを利用しないようになったとのこと。

どおりで、今までネットワークを選択するアイコンがタスクトレイに表示されていない。上記サイトによると、今後はNetworkManagerで設定するのが一般的とのこと。

まずは、筆者のノートPCで起動時にどんなエラーがおきているのかチェック。

# dmesg | grep error
[    7.183863] EXT4-fs (sda1): re-mounted. Opts: errors=remount-ro
[    9.573266] r8169 0000:03:00.0: Direct firmware load for rtl_nic/rtl8168h-2.fw failed with error -2

やはり、realtekのネットワークドライバの読み込みに失敗してるみたい。

以下のサイトを見ると、ファームウェアがインストールされていないようなので、以下のrealtekfirmwareをインストール(本当に意味があるかわかない)。

$ apt search rtl8168h
ソート中... 完了
全文検索... 完了
firmware-realtek/stable,now 20210315-3 all
Binary firmware for Realtek wired/wifi/BT adapters

$ sudo apt install firmware-realtek

ドライバをインストール後、WiFiのみにして再起動しても変化なし。ただし、dmesgのエラーは消えた。

つづいて、再度有線LANに接続して、以下をインストール。

ちなみに、筆者はLデスクトップ環境としてLXDEを使っているけど、gnomeをインストールしたよ。

$ sudo apt install network-manager-gnome

インストール後、WiFiのみにして再起動したら、タスクトレイにNetwork Managerのアイコンが… ほっ (^^)

アイコンをクリックして、無事WiFiの設定ができたとさ…  めでたし、めでたし。

(2021-10-06 追記)

NetworkManagerでIPアドレスを固定(Static)で使う必要があったので設定してみた。設定は、簡単で以下に示す方法でできた。

1. トレイにある無線LANのアイコンを右クリックして、「接続を編集する…」を選択。

f:id:hymd3a:20211006210028p:plain

接続情報の編集画面

2. 目的のWiFiステーションを選択し、上図の赤丸をクリック。

3. 利用しているIPv4またはIPv6のタブを選択し、メソッドを「手動」にして、IPアドレスを設定。

f:id:hymd3a:20211006210207p:plain

IPアドレスの編集

(追記終了)

(2021-09-24 追記)

以下のページにBullseyeでBluetoothマウスの設定方法を記述したので、興味があったら見てね。

(追記終了)

関連ページ